衆議院議員 山口第3区 河村たけおオフィシャルサイト
T's PARK > たけおリポート

文字のサイズを変更できます→


たけおリポート

内閣官房長官に就任

>河村たけおの耳袋 >TAKEO's ACTION

内閣官房長官に就任

このたび第92代麻生太郎総理大臣のもと、私は内閣官房長官という重責を担うことになりました。加えて拉致問題担当大臣を拝命致しました。

これも偏に、今日までご支援いただいた地元の皆さまのお陰であると心から感謝いたしております。

ご承知の通り内閣官房長官の役職は、内閣の要として総理大臣の懐刀を務める重要なポストであり、総理が外遊の折などには内閣総理大臣臨時代理予定者第一位に指定されています。また、危機管理を担当している閣僚として様々な危機に対応しなければならないため、基本的に官邸にすぐに駆け付けることができる体制が求められています。その為東京を離れることができず皆さまに直接お会いして就任の喜びを共有できないことが残念でなりません。

私は派手なパフォーマンスは得意ではありません。麻生総理は強いリーダーシップを発揮し、どちらかというと派手な存在です。私はあくまで女房役に徹し、官僚と時には対峙しながら、麻生政権が政策の重要課題として掲げる景気回復の実現に向けて、常に国民の、そして地元の皆様の目線で政治を主導して参る決意です。

また拉致問題担当大臣として、「親として、自分の子どもが北朝鮮に拉致されたらどう感じ、どう行動するだろうか」という視点を持ちつつ、国家主権の侵害である拉致に対して毅然と対応して参ります。

私の名は建夫。男として立つ意です。私は幼少時に「竹夫」と「竹」の字を使っていたこともあり、しなやかさと強さを併せ持つ竹のように政治の世界で生き抜く所存です。その竹も地中に広く深く張り巡らせた根あってこそ十全に働くことができます。私は課せられた使命を全うするため、「至誠通天」の信条をもって、私の政治活動を力強く支えて下さる地元の皆様方を片時も忘れることなく国益のため頑張り抜きたいと願っております。これからもこの国の発展と郷土の明るい未来のために倍旧のご支援を賜りますよう伏してお願い申し上げます。


←戻る