衆議院議員 山口第3区 河村たけおオフィシャルサイト
T's PARK > たけおリポート

文字のサイズを変更できます→


たけおリポート

河村たけおの耳袋


耳袋
戦後半世紀が過ぎましたが、卒業式・入学式の季節になりますと表面化するのが国旗・国歌の問題です。この国旗・国歌を国民の理解の下に法律として制定することについて、あなたのお考えをお聞かせ下さい。
  日本人にとって、国歌・国旗とは?

 <<耳袋は知恵袋>> 河村たけお Answer
 今、論議の的になっている”国旗・国歌”について
 T'sパークではいろいろな年齢層の方に
 アンケート調査を実施しました。

浅野真由美 24才 OL
萩市大字椿東

民主主義の中での天皇制。戦後50年過った今は、天皇を崇拝する内容ものより、国民が主体となった新しい国歌をつくった方が良いかも。

守永正範 48才 団体職員
阿武郡旭村大字明木

日の丸、君が代の過去の経緯を踏まえ、国民の合意を得るためにも慎重に論議し、国際化時代に対応できる日本人のアイデンティティとしての国旗・国歌の制定を希望する。

花岡満 48才 会社員
阿武郡田万川町

日の丸・君が代を軍事主義や戦争と結びつけるのはあまりにも短絡的でヒステリック。もっと深い洞察が必要。今の国旗・国歌は日本人のアイデンティティの軸になるものと思っている。

中山祥三 25才 建設業
美祢市大嶺町

国歌を法律に制定する前に、曲を変えた方が良いと思う。確かに君が代は国歌としての威厳を感じるが、二十一世紀を目前に控えた今、時代に合った活力の沸く歌にすべきだ。

松浦伊磨子 37才 主婦
萩市内

”今さら”という感じ。良し悪しは別にして日本を象徴するものは必要。天皇制の国であれば天皇になるのだろうが、日本人としてはやはり崇める人物や象徴は欲しいと思う。

中原継夫 48才 自営
萩市大井港

国際社会のあらゆるセレモニーで使われ、世界中が日本の国旗・国歌として認知しているのだから今さら問題にするのはおかしいと思う。感動的で良い国歌だと思っている。

大浜清人 78才 会社役員
小野田市稲荷町

日本という国号を変えない限り、日の丸は国旗として最もふさわしく、平和を希求する限り、君が代は国歌として最もふさわしい。今更という感はあるが、法制化に賛成です。

林裕美 24才 調理員
厚狭郡山陽町古開作下

国を象徴するために国旗・国歌は必要で、入学・卒業式には不必要。なぜ歌うのかが分からない。詞の意味も把握できていないのに、ただダラダラ歌わせるのでなく、詞の意味・必要性も教育すべき。

長尾洋一 42才 自営業
厚狭郡山陽町成松

国旗・国歌は大変重要で絶対に必要だと思います。したがって法律で制定した方が良いと思います。又時代も変わってきているので国歌は新しく変えたら良いと思います。

伊藤豊 60才 自営業
厚狭郡楠町船木

国旗・国歌は国の歴史の証として一概に否定されるべきではないと思う。しかし法制化して無理やり従わせることは論外である。今の政治家(屋)のレベルを疑わざるを得ない。

吉村政美 36才 会社役員
美祢市西厚保町

国旗又国歌は我々国民の誇りであり国家の象徴であると認識しています。法律として制定する以前の問題であり後世に継承していくことが今を生きる我々の義務であると思います。

千田秀穂 62才 自営
宇部市中央町

国旗・国歌を考える組織を国民の代表、学者、政治家等で組織し、検討会を国民に公開し、国民投票等で国旗・国歌の一日も早い法制化出来る事を望みます。日の丸のデザインは最高だと思います。

甲斐有二 35才 自営業
宇部市善和

テレビを見ながら”日本人が世界を注目させるぞ”と誇れる象徴となるのが国旗・国歌ではないでしょうか。国際化社会になっても「日本人なんだ」という自覚を持ちましょう。

南後健治 25才 アルバイト
小野田市北真土郷

今、君が代・日の丸を法制化することを国会で議論するそうだが、教育の現場でこれを強制することは、個人の自由と尊厳を無視するものであり、遺憾である。

中冨倫子 41才 パート
小野田市丸河内

日本人は他の国民に比べ国旗国歌を大切にする心が足りないのではないかと思います。ただ君が代の歌詞は古く解りにくいので若い人にも理解できる国歌に変わってもいいのでは?

須子幸一郎 25才 地方公務員
小野田市須恵

私たちのような戦争を知らない世代にとっては国旗・国歌の問題というのは判断しにくい部分があります。デザインやメロディはシンプルで気に入っているのですが。

吉松千穂 22才 アルバイト
宇部市末広町

オリンピックなどでの国旗掲揚・国歌斉唱と学校行事で使われる時との違いは何でしょうか。私個人の考えとしてはいつまでも反対してばかりでは前に進まないと思います。

山本恭子 25才 主婦
宇部市大字藤曲

法制化しても良いと思いますが、卒業式・入学式等は国の為に行うものではないので、各学校ごとに自分達独自の式を行っても良いのではないでしょうか。

山田亜理佐 26才
宇部市厚南区

国旗・国歌の法制化を否定するつもりはありませんが、現在の日の丸・君が代が適正かどうか慎重に議論すべきです。政府内だけで結論を出すべきでなく、広く国民の意見に耳を傾けることが重要なことだと思います。

向井達志 48才
宇部市西岐波区

学校などでの式典や儀式に日の丸掲揚はすべき。家庭においても祝祭日に日の丸掲揚を行い子供達に伝承することが大切。法制化が話題になっている今、日本人としての自覚と誇りをもって国旗・国歌の認識を見つめ直そう。

中原尚子 35才
宇部市西岐波区

制定について賛成です。自由な風潮にある中、規律ももっと見直さなければと思います。良いことは受け継いで又、日本人は日本の国に誇りがもてる様でありたいと思います。
アンケート結果の集計
今回、国旗・国歌について第三選挙区の有権者21名に意見を聞きましたが、この結果によると、30歳以上の13名全員が国歌、国旗とも日本の象徴として認識しています。ただ、その内1名は、法制化には反対の意見を唱えています。それに対して20歳代の2名のみ、国の象徴としては認めているが、8名全員が教育現場での国歌斉唱・国旗掲揚に疑問をもっているとのアンケート結果がでました。特に、君が代については、意味が不明瞭、時代に合わない等の理由から、見直しを考えたほうがよいという意見もあり、世代による意識差がはっきりと表れる結果となりました。こうした結果は4月2日付の読売新聞に掲載された世論調査でも顕著に表れていますので、ここに紹介します。
(以下、4月2日付読売新聞より抜粋)
公立の小・中・高校では、入学式や卒業式などでの「日の丸」「君が代」が、文部省の学習指導要領で義務付けられているが、実際の扱いには、地域や学校によってはばらつきがある。これについては、「日の丸」「君が代」とも「望ましい」とする考えが64%で、「日の丸は良いが君が代は望ましくない」16%と合わせて、「日の丸」については肯定する意見が80%にのぼった。一方「君が代斉唱を望ましい」としたのは67%で、「両方とも望ましくない」は12%だった。「望ましい」という声は、高齢になるほど多く、特に「日の丸」は60歳以上で89%に達した。しかし、20歳代では67%とやや少なく、「君が代」についてはなじみが薄いこともあってか、48%と半数以下だった。また、国旗や国歌を法律で定めることについては、「賛成」が「どちらかといえば」を合わせて68%で「反対」は26%。「賛成」は年齢が高くなるほど多く、20歳代53%に対して、60歳以上では79%と8割近かった。


「日の丸」「君が代」は
日本の永年にわたる慣習

<河村建夫>


Answer
アイルランドにホームステイして帰ったばかりの高校生の次女から、「外国に行って、国旗・国歌のことをとても意識した」との報告を受けた事がありました。

お隣の広島県で、高校駅伝で有名な世羅高校の校長先生が、卒業式に「日の丸」を掲揚し、「君が代」を斉唱することに悩み、自殺されたという報道に接し、暗澹とした気持ちになりました。

私は、卒業式に日の丸を掲げ、君が代を歌うことはごく当然のことのように思ってきました。「日の丸・君が代」は日本の永年にわたる慣習として国旗・国歌の扱いをしてきたのです。しかし、「何を根拠にそうするのか」と問われたら、何と答えればよいのでしょうか。イギリスは日本と同じですが、米・独・仏等、多くの国が法律で(なかには憲法で)定めているのです。

新 聞等の世論調査や、先の村山内閣での「日の丸・君が代は国旗・国歌として定着している。」という声明からしても、この際、きちんと「日の丸・君が代」を法律で定めてもおかしくないと私は思います。これが国旗・国歌のいわゆる法制化の問題です。
先般、世羅高校校長自殺の悲報を受けて、小渕総理がこの法制化に前向きな発言をされた時、国会の空気は、ごく自然に賛成で、野党各党も(共産党までも)賛成の意向が報じられました。しかし、その後、教育現場(日教組を中心に)から、日の丸はともかく。君が代を強制的に歌わされるのは、憲法第19条の「思想及び良心の自由に反する」との理由で反対の声があがり、とたんに野党は後ろ向きになりました。とくに、「君が代」が天皇賛美の歌である、というが主たる理由のように見うけられます。

憲法第1条に、「天皇は、日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であって、この地位は主権の存する国民の総意に基づく」とあります。「国家国民が天皇を象徴とする日本国が、末永く繁栄するように」という君が代の持つ意味を正しく国民に理解を求める事です。国会に法案は出したが、野党が反対して、これが棚ざらしになるような愚は避けたいものです。世界の笑いものにもなりかねません。国民の声にしっかり耳をかたむけながら国会・政治の責任で解決したいものです

後援会活動へ




←戻る