衆議院議員 山口第3区 河村たけおオフィシャルサイト
T's PARK > たけおリポート

文字のサイズを変更できます→


たけおリポート

河村たけおの耳袋


今回の河村建夫の耳袋は… 河村建夫の耳袋とは…
河村建夫の耳袋とは…

異議ありNo1 岡 正朗 [58才]
大学教授/宇部市
地域医療の危機的状況打破へ
地域医療は危機的状況にあります。卒後臨床研修が義務化され、多くの卒業生が、都会の一般病院を選択するようになりました。地方大学では入局者が激減し、地域医療を担う医師育成が困難となり、医師不足を招いています。
また、産科や外科など、重労働でリスクを伴う分野を選択する医師が減少し続けており、将来に不安を覚えざるを得ません。研修システムの改正や医学生定員の増員が行われましたが、現状分析に基づいた政策を早急にお願いします。
異議ありNo2 酒田三男[75才]
会社役員/宇部市
森林整備の取り組みに期待
森林整備こそ今やるべき必要で重要な政策だと思います。戦後植林事業は日本の将来にとって希望のもてる政策でありました。しかし植林はしたけれど枝打ち、下刈り、間伐等山林の整備をしてこなかった結果、山林の荒廃を招きました。
山林の整備は失業対策、花粉症対策(杉桧の枝打ちで)、優良な森林資源の蓄積、そして地球温暖化防止のCO2の吸収策に必要な政策だと思います。山林整備に政府は一日も早く取り組んで頂きたいと思います。
異議ありNo3 白井義美[45才]
会社役員/宇部市
「せんたく」に日本変革運動を目指して欲しい
昨年三月に、衆参107議員、首長等144人参加による「せんたく」が合同発足し、国民と政治家の双方向の政策論議を活発化させる運動が開始されました。
この「せんたく」では、戦後の「お任せ民主主義」「霞ヶ関・官僚主導」を打ち破り、「地域・生活者起点の日本変革運動」をめざしてほしいと思います。国益を損なわずに、また、国民の視点を大切にし、日本を良くするために、この「せんたく」の果たすべき役割、責任は大きいはずです。もちろん私も様々な問題を抱える昨今、与野党超党派による政策議論など、今後の活動に期待している一人です。
異議ありNo4 千葉 泰久[65才]
会社役員/宇部市
宇宙政策のリーダーとして
宇宙基本法は、河村建夫先生が中心となり超党派の議員立法として立法化され、昨年8月29日に施行されました。従来の「研究開発(研究開発用の衛星やロケット)」だけではなく、衛星やロケットを「産業化」「安全保障」といった「利用」をより重視する国家戦略としての宇宙政策がスタートしました。先生が、国家戦略としての宇宙政策立案に着目され、その立役者として強力に推し進められてこられたことに地元企業としても、大変心強く思っております。
宇部興産は、宇宙基本法の成立により、今後とも当社の優れた化学技術と信頼性の高い生産技術を生かし、世界レベルの航空宇宙素材の開発に正面から取り組み、日本の宇宙産業を支える素材開発メーカーとして国際競争力強化の一翼を担ってまいります。
異議ありNo5 大井正史 [66才]
社会人サッカークラブチーム後援会会長/山陽小野田市
スポーツ振興を切望
現在日本では多くの国民が健康のため色々なスポーツを行っています。しかし、それのための場は私たちの近くにどれだけ整っているでしょうか。国民には健康に過ごす権利があり、国には国民の健康を保障する義務があるはずです。
近年、子ども達の基礎体力の低下も問題視されており、高齢者も増加の一途です。老若男女が健康増進のため、スポーツを安全で安心して楽しめる場の充実整備を切望します。
異議ありNo6 柳井繁子[40才]
保育士/山陽小野田市
生活改善・学力向上プロジェクト
私は山陽小野田市で保育士として働いています。また、二人の子供を持つ母親ですが、私のまちが推進する「生活改善・学力向上プロジェクト」という教育システムに共感を覚えています。「早寝・早起き・朝ごはん」への取り組みにより、子どもの就寝は9時になり、朝は6時には起きて、心も体も目覚めて登校するようになりました。当たり前のことが出来ない現在、こうした基本に立ち返ることが教育の原点であると改めて感じさせられています。この導入には河村長官の尽力があったと聞きましたが、この制度を是非とも広めて頂きたいと思います。
異議ありNo7 古谷嘉彦[45才]
会社役員/山陽小野田市
建設業界のために細やかな法案を
父と町の工務店を営んでいます。近年、不況と言われ、100年来の大不況、建設不況という言葉も生まれました。この状況の中、政府の打ち出した大型「住宅ローン減税」は、需要拡大に繋がり有り難く思います。その反面、耐震に関わる法律で増築したくてもできない、その為には膨大な費用が掛かる等、本当の国民保護、本意になっていない法も存在します。国民に過保護になり、自己責任の薄れを感じています。優れた建物を造らせる法(物)も必要ですが、脱法を起こさせない「建設業法(人)」の見直しも必要だと感じます。河村先生のご活躍を祈念申し上げます。
異議ありNo8 柴崎 基 [49才]
老人ホーム施設長/阿東町
介護職員の待遇改善
“自分の親だったら…”この問いかけを重ねることで“心に寄り添う”個別ケアを実践しています。この度の追加経済対策に盛り込まれた介護従事者の待遇改善施策は、非常に厳しい現状にある介護従事者にとって朗報です。これまでは、志を高くもった職員でありながら、給与等の問題で現場を離れなくてはならない実情にありました。今回の介護従事者の待遇改善により、“ひとりひとりの想い”を大切にする福祉の原点を追求できる事業所になれることを目指したいと思います。
異議ありNo9 藤井雅浩[31才]
果樹園/阿東町
農林水産振興を切に願います
若者は専業農家で田畑を守り食の安心安全を市場に提供している。しかし農産物の単価は低く、災害でもあれば生活も切迫する。嫁は家内労働者であり子供を産むと労力を失う。若者は農業に対し夢も持てず生活の安定もない。農産物を加工にと考えど設備機械に多額の資金を要する。小規模農家への貸付は少ない。国として嫁に変る労働者の雇用、機械設備投資に対し大幅な補助金交付、無利子の貸付金を考えて欲しい。先生の御活躍を期待しています。
異議ありNo10 吉村栄子 [73才]
無職/萩市
道路整備で地域が元気に。
萩・三隅道路が明石まで完成し、一日一万台の交通量。鎖峠の難所もクリアされ、大変喜ばれています。経済危機対策では、是非、萩・益田間の山陰自動車道や萩小郡道路などの整備を。道路整備はみんなの願いです。交通が便利になれば都市との交流も盛んになり、地域活性化に繋がります。観光の町萩、豊かな自然でとれる農林水産物は自信を持って全国発信できます。地域が元気になれば人々の心も明るくなり、日本の国もきっと良い方向に向かいます。先生の政治手腕に期待し、故郷から熱いエールを送ります。
異議ありNo11 伊藤京子[49才]
学童保育指導員/萩市
子育ての原点を支援に反映。
この春、長男が結婚し、子育て終了となりました。ここまで、たくさんの人に助けて頂いたと感謝です。子育ては人育て、人育ては心育てではないでしょうか。子どもは親子の親密な時間を重ねたのち、たくさんの人との関りで豊かに育っていくものでしょう。
子ども分野は、河村さんが熱心に取り組まれています。子育ての原点を大切に、親も子も、そしてまわりの応援団も笑顔あふれる支援の検討をお願いします。
異議ありNo12 五嶋寿和子[46才]
歯科技工士/美祢市
北朝鮮問題の早期解決を。
「北朝鮮ミサイル発射!」のニュースが大きく取り上げられ、少なからず恐怖を感じました。唯一の被爆国として、世界平和は日本国民の共通する願いだと思います。悲しい歴史を繰り返すことなく、拉致問題などが速やかに解決されることを心から望んでいます。
スポーツを通じて子どもたちにかかわっている私としては、子どもたちが笑顔で安心して暮らせる国づくりを目指して、河村官房長官のご活躍に大きく期待しています。
異議ありNo10 谷口恭志 [61才]
会社員/美祢市
中山間地域の活性化促進を願う。
美祢市在住ですが、美祢市を含む中山間地域の現状を正確に把握して頂きたいと思います。評論家の方が「公共投資には“もう”経済への波及効果はない」と声高に言われるが、この“もう”は、都市部の恵まれた地域在住の方の言い分。当市の下水道普及率は5割に満たない状況です。道路は国道でさえ上下一車線、市道に至っては大型車通行不可が数多くあります。ぜひとも公共投資による地域活性化の促進をお願いしたいと思います。



←戻る