衆議院議員 山口第3区 河村たけおオフィシャルサイト
T's PARK > たけおリポート

文字のサイズを変更できます→


たけおリポート

T's PARK FORUM

>日本再興戦略で国益増進 >河村たけおの耳袋 >TAKEO's ACTION

編集長の独り言

「自民党の河村選対委員長は竹下元首相にそっくりだ」

「ありゃぁ、竹下さんの再来じゃないか」。最近、永田町ではしきりにそんな声を聞く。容姿はむろんのこと穏やかな人柄を指すものとばかり思ったら、どうやら政界での抜群の調整力とか、全国の選挙区事情に精通して、国政選挙を中心にぬかりない選挙戦略を編み出し、必勝体制を組み立てる力量に富むということらしい。河村代議士は総理の座は目指さないけれど…。

鎧兜(よろいかぶと)に身を固め、裂帛(れっぱく)の気合で大刀を振りおろす。

写真
公益財団法人・日本武道館から今春、武道功労賞を受章した河村代議士は好例の鏡開き式で大将軍に選ばれ、武道館(東京・北の丸公園)の大舞台で大鏡餅切りの大役を見事に演じきった。その姿の凛々しかったこと。文科副大臣、文科相当時から世界平和を希求する有為な人材育成には武道教育が欠かせぬと訴え続け、2012年度から中学で武道必修化が始まったが、その功績が認められた。温容は軟弱にあらず。


日本が今年度、世界文化遺産に推薦する候補は「明治日本の産業革命遺産」

写真
「九州・山口と関連地域」に決まったが、実は事はすんなり運んだわけではない。「長崎の協会群とキリスト教関連遺産」と陳情合戦を繰り広げ、つばぜり合いを演じたのだ。山口地域には萩城下町、松下村塾などが含まれる。首相官邸が公正な裁断を下したのだが、日頃、穏和な河村代議士が必死の形相で先鋒に立ったことは案外知られていない。手柄を吹聴しないもの。



←戻る