衆議院議員 山口第3区 河村たけおオフィシャルサイト
T's PARK > たけおリポート

文字のサイズを変更できます→


たけおリポート

T's Park FORUM

>河村たけおの耳袋 >TAKEO's ACTION

今回のT's Park FORUMは…

河村建夫のT's FORUM
河村建夫のT's FORUM


政治活動30周年記念植樹の実施


平成19年4月1日
萩市大井鵜山の魚付き保安林植栽と河村代議士の政治活動30周年記念の植樹祭が、同保安林実行委員会の主催により、代議士夫妻並びに地元こども会や老人会の皆さん等関係者多数参加のもと盛大に実施されました。
写真

新春の集い・出版を祝う会

平成19年1月12日
宇部全日空ホテル

宇部後援会の主催で、「河村建夫新春の集い・出版を祝う会」が開催されました。開会にあたり、河村代議士は羽織はかま・たすきがけ、大筆で「創造」と書初めをされ、会場は大勢の出席者の拍手で沸き上がりました。

たけの会研修会

平成19年2月4日
ホテル河長

たけの会研修会として河村建夫代議士を講師を迎え、講演会がホテル河長にて開催され、「人間力創造こそ」の演題でお話いただきました。質疑応答では、学童保育や食育についての活発な問いかけに、河村建夫先生も一つ一つ丁寧に答えられ、大変有意義な会になりました。

建政同志会30周年記念

平成19年1月20日
セントコア山口

河村代議士が山口県議に当選した翌年(昭和52年)に結成された建政同志会(河野通明会長)は、30周年を記念し、セントコア山口(湯田)に220名の会員を集め河村代議士を囲む会を開催しました。今回は、特別講師に哲学者行徳哲男先生を招いての研修もあり、盛大な会となりました。

河村建夫・新春の集い

平成19年2月10日
いこいの村江汐

山陽小野田市で新春の集いが催されました。会の終わりに河村代議士の長女・恵子さんが司法試験に合格した事を報告。代議士から何度も励まされたエピソードを語ると、会場からは「よくやった!」と賞賛の拍手が送られました。


美祢社会復帰促進センター開所式


平成19年5月13日

「我が国初のPFI手法による官民協働の刑務所」
国民・地域との共生により運営。

写真 美祢市に、我が国初の官民協働により運営する新たな刑務所「美祢社会復帰促進センター」が誕生し、開所式が行われました。このセンターは、「国民に理解され、支えられる刑務所」という理念の下、国民・地域との共生により運営されます。初犯の男女各500人、計1000人の初犯受刑者を収容して、徹底した矯正処遇等を実施、早期に社会復帰できるよう「人材の再生」を図ります。

写真

元気企業紹介

有限会社なかしん

「地産地消」から「地産他消」へ。
「米コロッケ」で第一次産業の活性化に挑む。

美祢市大嶺町
平成16年12月20日設立
山口弁で始めることを「はなえる」といいます。ものごとの初めを植物に例えると、芽生えの状態です。お米コロッケ「はなえるコロッケ」が、大空に向かって開花し、発展するよう「はなえる」というブランド名にしました。
現在、中国自動車道下り線壇ノ浦PAスナックコーナーにて、「はなえるコロッケ」を発売中です。

写真サクサクのころもとモチモチのご飯に包まれ登場したのはなんとコロッケ。常識を覆した一品だ。これは、美祢市の食品加工業者「(有)なかしん」の中島真哉社長(36歳)が開発した「はなえるコロッケ(米コロッケ)」である。この米コロッケは、山口県生産米の「晴るる」を使った商品で、発売以来、人気を集め農産品の需要拡大が図れると農業関係者からも期待されている。

米コロッケは従来のジャガイモの代わりに半つぶし状の米でコロッケをつくったもので、中にはカレーや明太子などの具が入る三重構造となっている。中島社長は大手スーパーダイエーで流通業を学び、退社後和菓子屋で修行。ここでおはぎ等をつくる機械に出会い、米コロッケの製法を発想したという。「これからもJAとの連携の元、米やじゃがいもなどの地域農産品を使った新商品を開発することで、農業の活性化に貢献したい」と中島社長は意欲的に語る。

永年に渡って山口県農業共済組合連合会会長を務め農業振興に力を注ぐ河村代議士は、米コロッケを開発された中島社長の意欲的な取組みに触れ「“農は国の礎”と言われるように、日本がいかに工業先進国になっても、やはり農業は国の基本産業でなければならない。中島社長の取組みで特筆すべき点は“モノ作りの連鎖”が地域で実現されていること」と、感心しきり。

つまり、生産者と加工業者が互いに顔の見える距離にあるため、モノ作りの喜びが共有でき、そしてこの関係性は農業生産者の意欲的な取組みや食の安全に繋がると、河村代議士は熱く語った。

「中島社長のような意欲的な経営者が、地方であることのマイナス面を払拭し、地域全体の活力を創出してくれることと思います。何事も、基本は人の熱意。この熱意が集まって、活力を牽引してくれれば地方が元気になります」と、河村代議士。

中島社長は、今、地元で愛され、消費されるのはもちろん、他の地域でも愛される商品となるよう『地産他消』という考えで挑んでいる。意欲的な若き経営者は、地方の活力の原動力だ。多くの元気企業の出現を期待したい。




←戻る