衆議院議員 山口第3区 河村たけおオフィシャルサイト
T's PARK > たけおリポート

文字のサイズを変更できます→


たけおリポート

T's Park FORUM

>河村たけおの耳袋 >TAKEO's ACTION

故郷に力を、人に豊かさを T's PARK FORUM


河村建夫著「体当たりの教育改革」出版される。

東京にて盛大に出版記念パーティが開催されました。

河村建夫著「体当たりの教育改革」 現在、衆議院文部科学委員長をつとめ、政界きっての教育通として知られる河村建夫代議士が書き起こした念願の著書が遂に完成しました。完成した本は教育改革に情熱を傾ける河村代議士が、自らの体験を通して綴った七転び八起きの子育て奮闘記ともいえるもの。

 そして、この出版記念を祝うパーティが7月8日(月)、赤坂プリンスホテルにて盛大に開催されました。当日は100名にものぼる党派を越えた国会議員を始め、約1,200人もの関係者が祝福に駆けつけ、改めて河村代議士の人間関係の広さを実感する催しとなりました。発起人を代表して江藤隆美元総務庁長官が「“教育の河村”として確固たる地位を確立しており、次の文部科学大臣は河村代議士が適任である」と挨拶。続いて挨拶に立った森喜朗前首相、山崎拓幹事長、麻生太郎政調会長、遠山敦子文部科学大臣、扇千景国土交通大臣、亀井静香前政調会長は口々に、河村代議士の勤勉さを讃え、“国会の良心”と呼ばれているエピソードが披露されました。

 最後にお礼の挨拶に立った河村代議士はこの本に託す教育改革にかける決意を熱く語り、会場は河村代議士への期待を物語る大きな拍手で包まれ、出版を心より祝いました。

河村建夫「体当たりの教育改革」出版を祝う会

※本書をご購入希望の方は、お問い合わせ下さい
聖路加国際病院、日野原重明理事長
聖路加国際病院
日野原重明理事長
慶応義塾大学、鳥居泰彦前塾長
慶応義塾大学、鳥居泰彦前塾長の両氏も駆け付けて下さいました。


T’s MEMORY
橋本聖子先生

先生はどんな人と向き合うときも、
フェアで前向きな方です。

参議院議員 橋本聖子先生

スピードスケートの元オリンピック選手であり、現在は参議院議員文部科学委員長・自民党女性局次長としてご活躍中です。

  河村先生に初めてお会いしたのは、自民党の文教科学部会だったと思います。私も政策の柱のひとつに教育問題を挙げており「文教関係は河村先生に聞けばいい」といろんな先生方から伺っておりましたので、お会いするのがとても楽しみでした。

 河村先生は、いつお会いしても穏やかで物静かに笑っておられるのですが、一番尊敬するのは、どんな会合にご一緒しても、まず現場の関係者の目線で考えられる点です。私たち国会議員は、ややもすると高いところに立ってしまいがちですが、河村先生はどんな人と向き合うときもフェアで前向きです。誰もがあきらめる難題も穏やかに粘り強く最善策を探される。先生の誠実な熱意にこれまで動かなかった周囲が少しずつ動き始める様子を何度となく見てきました。

 現在2歳になる娘を育てながら議員として活動していますが、プライベートでも先生からアドバイスをいただきながら、今母親であるからこそ見えてくるもの、変えていかなければならないものを、積極的に提言していきたいと思っています。

 これまでのシステムが制度疲労を起こし、大きな転換期を迎える今、必要なのは新しい感覚を持った政治家。21世紀、日本が再び信頼と繁栄を取り戻すためには、人づくりが重要なキーワードになります。河村先生には、21世紀のニューリーダーとして私たちを導いていただきたいと思います。

河村代議士も「感動した!!」
河村代議士も企画の趣旨に賛同して、3月23・24日に萩・宇部の両会場で行われたチベット出身のバイマーヤンジンさんを迎えての講演&コンサート/パネルディスカッションに参加されました。両会場には合わせて1,500人を超える来場者があり、彼女の訴える教育の大切さや美しい歌声に会場は大きな感動に包まれました。

夢の来る道。

バイマーヤンジンさん
バイマーヤンジンさん


バイマーヤンジンさんは講演で、自国チベットの自然、教育環境、自身の経歴を交えながら、全国の学校で講演するうち見えてきた日本の教育の問題点について「チベットでは、子どもたちのほとんどは仕事の手伝いをしなければならず、学校にもいけず、勉強したくても出来ません。

日本の子どもたちは、こんなに豊かな生活の中にあって感謝の心を持てずにいます。それを教えるにはまず私たち大人がしつけから逃げずに向き合わなければなりません。」と訴えました。

 その後のコンサートではチベット民謡のほか、日本唱歌などを熱唱し、その澄んだ歌声が会場を包み込みました。

 引き続き開催されたパネルディスカッションでは、河村代議士と前山口大学学長、広中平祐氏も加わり、豊かさゆえの弊害、学校週5日制、親子関係、学校教育などをテーマに討論。

 彼女の逞しい生き様に触れ、パネルディスカッションに望んだ河村代議士と広中平祐氏の発言もいつになく熱を帯びたものとなり、会場と一体となって心の教育の重要性を考えることができた感動的な会となりました。

 


日本の教育を考える1000人の会

「バイマーヤンジン」講演& コンサート
パネルディスカッション

実行委員長挨拶をされる弘中平祐氏
実行委員長挨拶をされる弘中平祐氏

パネルディスカッションでの河村代議士
パネルディスカッションでの河村代議士

宇部会場(全日空国際会議場)
宇部会場(全日空国際会議場)

実行委員会からの報告

寄付金はチベット学校建設のために役立たせていただきました。

学校建設の為のカンパにご協力いただき、ありがとうございました。このカンパ金(合計569,500円)はチベット学校建設推進協会に振り込まさせて頂きました。


←戻る